【こころ検定2級対策】vol.5 ~ストレスと病気

こころ検定
この記事は約3分で読めます。

ストレスと病気

人は毎日の生活の中で様々なストレスにさらされています。

ですが、ストレスは全てが悪いものではないことはすでに学びました。

あなたはどんな時にストレスを感じますか?

たとえば試験前に感じる緊張感はストレスでしょうか?

感じ方は人それぞれですよね。

ストレスに対して敏感な人は少しのストレスでも負担になってしまいます。

試験を何度も受けているうちに、あまり緊張しなくなりストレスに感じなくなることもあるでしょう。

このような小さなストレスもあれば、身体の機能にまで影響を及ぼしてしまう場合もあります。

ストレッサーが長期間つづき、ストレス反応が慢性化すると、気分が落ち込んだり、イライラや不安感をおぼえたりします。

このような状態が続くと、メンタルヘルス面だけでなく、身体面での疾患(心身症)に至ることもあります。

ストレスを抱えている人のイラスト(女性)

ストレスによる様々な心身症

ストレスが原因で引き起こされる心身症は身体の様々な部位に症状をひきおこします。

部位症状名 主な症状
骨格・筋肉系書痙・チック症     精神的ストレスの緊張により症状の出る子どもも多い。
消化器系口腔心身症ストレスや人間関係によって舌痛症、口腔乾燥症、顎関節症を催す。
食道神経症心身症的な背景により喉の奥の異物感(ヒステリー球)を訴える。
胃潰瘍ストレスで胃の粘膜が弱り胃壁がそぎ取られる。
十二指腸潰瘍幽門の近くにあるため中和機能が弱まると潰瘍を形成してしまう。
過敏性腸症候群ストレスによる便通の異常。不安定型、慢性下痢型、分泌型、ガス型がある。
肛門肛門神経症自分の臀部を異常なほど気にする。
胆道胆道ジスキネジー疲労やストレスによって胆石症に似た症状を呈する。
循環器系神経循環無力症心臓神経症といい、機能的障害を起こすが器質的変化ははなく、「心臓病不安」がベースとなっている。
血圧白衣血圧症病院で白衣を着た人に測ってもらうと血圧が上がる。
咽頭・喉頭咽喉頭異常感仮面うつ、神経症、がん不安などの精神的原因があげられる。
呼吸器過換気症候群不安、恐怖、疼痛などが原因で過呼吸発作をおこす。
泌尿器系過敏性膀胱心因性頻尿ともいわれ小学校低学年によくみられる。
感覚器心因性視覚障害目や脳には異常がないのに視力が悪くなり、目がかすんだり視力に変動がある。高学年女子に多い。
メニエール病はっきりとした原因はわかっていないが、過労やストレスも一因であり、めまい、難聴、耳鳴りを繰り返す。
味覚障害ストレスにより味覚障害がおこる。
アトピー性皮膚炎アレルギー疾患であるが、精神的なストレスにより悪化したり治りが悪くなることがある。


とりあえず、症状名をおぼえよう!

ストレスの生理心理学的測定

人はストレッサーの影響により副腎皮質ホルモンの一種であるコルチゾールの分泌が増加する。

また唾液に含まれるαアミラーゼも分泌量が増加し活性化する。

このことから、コルチゾールやαアミラーゼを分析することするでストレスの程度を測定し、数値化する技術が開発されている。

ストレス状態の数値化は心理療法やリラクゼーション技法のストレス軽減効果の検証に利用されている。

ストレスとうまく付き合うことが大切なんだね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました