老化を防いで美しくなれる方法とは?テロメアを伸ばすことで実現できる!

楽に生きる知恵
この記事は約4分で読めます。

老化を防いで美しくなる方法

若返りは可能か

私たちの細胞は日々分裂と再生を繰り返し生まれ変わっています。

もしも、すべてが生まれ変わっているのなら、いつまでも赤ちゃんのようなすべすべの肌やつやつやの髪の毛になるはずです。

なぜ、年を取ると顔にしわができたり、髪が白くなったりしていくのでしょう。

同じ年齢でも見た目がとても若い人と年をとって見える人がいます。

その違いって何なのでしょうか。

生まれついてのものでしょうか。

老化や病気のカギを握るのは??

ずばりテロメアです。

テロメアとは染色体の末端のDNAの構造です。

染色体を保護するキャップのような役割と考えられていましたが、これが老化の要因であることがわかったのです。

テロメアは「命の回数券」ともいわれ、受精卵のときには1万5千の回数券がなんと生まれてくるときにはすでに1万になっているそうです。

細胞は分裂するときに、DNAがコピーされていきますが、末端部分は完全にはコピーされずに少しずつ失われていくのです。

ですから、何度も分裂を繰り返すうちに末端部分であるテロメアはどんどん短くなっていきます。

最終的には2000くらいになるとこれ以上分裂できなくなる細胞老化の状態になってしまうのです。

テロメアを長くしよう

では、テロメアの回数券は使ったらなくなってしまうのでしょうか?

なんと!最近の研究によると、テロメアをのばすことができることがわかっています。

ですから、同じ年齢でも若々しく元気な人がいたり、一方で老けて見える人がいるのです。

そのカギを握るテロメアはテロメラーゼという酵素により、短くなるのを遅らせたり、さらに伸ばしたりする働きがあることがわかってきたのです。

テロメラーゼはRNAの成分を含む特殊酵素とよばれるもので、このなかにはテロメアの繰り返し配列が存在しているため、テロメアを再び作り出すことができるのです。

とはいえ、テロメラーゼだけをたくさん作り出すことは大変難しいのです。

不死化細胞とは

それではいったいどうすれば、テロメラーゼを増やすことができるのでしょうか。

近年の研究では、体細胞のテロメアでも特殊な環境でテロメラーゼを発現させた細胞では、ほぼ無限に分裂を繰り返す「不死化細胞」になることがあきらかになりました。

そしてこれが老化防止や寿命をのばすことになるのではないかと考えられています。

とはいえ、テロメラーゼは生殖細胞やがん細胞では高い活性を示しますが、通常の体細胞ではみられないのです。

通常の細胞ではがん化するリスクが高まってしまう危険性もあるともいいます。

テロメラーゼを配合した化粧品やスプレーが販売されていますが、効果のほどはいかがなものでしょうか。

テロメアを長く保つ方法とは?

テロメアを長く保つ食事には和食が最適です。

青魚に含まれるω3脂肪酸、DHA、海藻、豆類、果物、乳製品がテロメアを長くするといわれています。

また、マルチビタミンやコエンザイムQ10、アルギニンなどのサプリも老化防止に有効であるといわれています。

しかし、とりすぎによる正常細胞のがん化リスクも増えるため注意が必要です。

ビタミンC、E、赤ブドウやワイン、ダークチョコレートに含まれるポリフェノールなども効果的であるといいます。

一方、たばこを20本10年間吸う人は5歳分、肥満の人は8歳分、運動習慣のない人は10歳分テロメアが短いという報告があります。

低カロリーな食事をする女性のイラスト(生活習慣病)

テロメアの無駄遣いしないようにしよう

テロメアを長く保つには、酸化ストレスの軽減、禁煙、適正な体重、睡眠、糖化の予防、運動、食事に気を付けることです。

毎日の生活習慣を正していくことが重要であることがわかります。

最近では、これに瞑想をとりいれることも大変有効であることがわかっています。

今の自分を輝かせる習慣を

今回はテロメアについてお話ししましたが、結局のところ、毎日の生活習慣がもっとも大切であるということがわかります。

自分にストレスを与えず、しかし甘やかさない、ということが重要です。

ぜひマインドフルネスもとりいれてみてください。

自分を見つめる、自分を大切にすることはあなたを美しく輝かせてくれるもっとも近道であるはずです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました