幸せは腸で決まる

楽に生きる知恵
この記事は約3分で読めます。
腸内環境を良くすることが幸せへの近道

幸せホルモン「セロトニン」をふやそう

セロトニンはストレスの耐性を高めこころの不安やムカムカを鎮めて、幸せを実感させてくれる効果があります。ポジティブで前向きな気持ちにしてくれるのです。

幸せは脳で感じるものですが、セロトニンは体の中で腸内に約90%が存在しているそうです。

なぜかといいますと、セロトニンは腸に住む腸内細菌によって作られているからです。

腸の働きというと、真っ先にうんちの製造工場のようなイメージがありますが、

実はそれだけではなく、私たちの幸せを左右する大切な器官だったのです。

また、セロトニンは日光を浴びることで増え、運動によっても分泌が盛んになります。

逆にセロトニンが不足するとイライラしたり、不安になったり、不眠症やうつ病の原因にもつながるといわれています。

腸って食べ物の消化吸収をするだけじゃなくて、とってもデリケートなんです。

テスト前にお腹が痛くなるとか月曜日になるとなんとなくお腹の調子が悪いなんていう「過敏性腸症候群」の中高生が増えているといいます。

ストレスも要因の一つですが、腸内の環境が良くないと、便秘と下痢を繰り返したり、腹部に不快感を感じる「機能性ディスペプシア」といわれる病気になってしまうこともあります。

このように、脳と腸はとても密接な関係があったのですね。

これを『脳腸相関』といい、脳の状態が腸の機能に影響を及ぼすだけではなく、腸の状態が心の状態にも影響を及ぼしているということがわかってきました。

日本人はアトピーや喘息、アレルギー性の病気が増え、免疫力は低下しつづけているそうです。

免疫力の70%を腸内細菌がつくり、残りの30%をこころがつくっているといいます。

どうして昔に比べて免疫力が下がっちゃったの?

<br><br>


食生活の変化によって、腸内細菌のえさになる食物繊維を摂取する量がへってきたからなんだって。

食物繊維は野菜、根菜類、キノコ類、海藻、豆類に多く含まれていています。

また、腸内細菌を増加させる発酵食品を色々な種類からとることで腸内環境がよりよくなるそうです。

とくにセロトニンはトリプトファンというアミノ酸からつくられています。トリプトファンは乳製品、大豆食品、バナナなどに多く含まれているので、これらを積極的にとりいれると効果的です。

セロトニンを増やす方法
  • 日光を浴びる
  • 軽い運動をする
  • 乳製品、大豆食品、バナナを食べる。
  • 食物繊維の多い食品を食べる。

セロトニンをふやしてストレスに負けないこころとからだを作ろう!

ストレスに強くなり幸福感をつくりだしてくれるセロトニンを増やすには、健康な食事と運動を心がけるということなんですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました