【好意の返報性とは?】与えることの先にあるものはさらに大きなるギフト

1分でわかる心理
この記事は約3分で読めます。

返報性の原理には4種類あります

 ありがとうが連鎖をしていくことを心理学では『好意の返報性』といいます。

相手から何かをしてもらうと、お返しをしたくなるという心理です。

これは『返報性の原理』の一つです。

どうしてありがとうのお返ししたくなるのかな。

人は自分に何かをしてくれる人や、自分を肯定してくれる人には好意を持つのです。

人のこころは、自然と好意を示してくれる人に好意をもちやすいのです。

友達にプレゼントを贈っている人のイラスト

返報性の原理はアメリカのロバート・B・チャルディーニのビジネス心理学の著書『影響力の武器』で紹介されました。そこで4種類の返報性の原理をあげています。

  • 好意の返報性・・・親切にされたら相手にも親切にしたくなる
  • 悪意の返報性・・・悪意や攻撃には同じく仕返しをしたくなる
  • 譲歩の返報性・・・自分が譲歩すれば相手も譲歩してくれやすい
  • 自己開示の返報性・・・自分が心を開けば相手も心を開きやすい

返報性の原理を使ったテクニック

返報性の原理はいろいろなところで使われています。

アパレルショップで試着をしたら店員さんに褒められてつい買ってしまった、とかお菓子の試食をすすめられて食べたら、なんとなく買わないといけないかな、と思って買ってしまった、とか。

ビジネスにおいて使われる返報性の原理は「ドア・インザ・フェイス・テクニック」といったちょっと詐欺っぽい?テクニックで使われていたりします。初めに高額の商品を提示して相手に断らせ、それよりも低額の商品をを勧めて断りづらくするという方法です。
これは相手の譲歩に対して自分も譲歩しなければという心理が働くためなのです。

なんだか因果応報っていう言葉を思い出しました。

因果応報というのは仏教の教えで、良い行いをすればよい運命が、悪い行いをすれば悪い運命が訪れる。自分にあらわれる結果のすべては自分の行いによって生み出されるということです。

相手に対して好意を示し、親切にすれば相手からも好まれる。

相手に対して悪意を持ったり攻撃てきになれば、相手からも疎まれるでしょう。

自分のした行いは必ず自分に返ってくるのです。

好意の返報性でスムーズな人間関係を作るコツ

好意の返報性とはギブ&テイクの関係みたいですね。

よいギブをしたら自分にもよいことが返ってくるんだね。

ところで、それ以外にもギブ&ギブという言葉があります。見返りを求めず与え続けるということですが・・・

成功者は得てしてギブをし続ける傾向にあるそうです。

ずっと与え続けるだけなんて、何もなくなっちゃうじゃない?

相手に惜しみなく与えることで想像をはるかに超える何かを得ることこそが信用を得る近道

とホリエモンも言っています。

成功や信頼を得るにはやはり与えるということが重要なカギです。

そのためには多くの知識や努力が必要なのでしょうね。

ギブ&ギブをするのはなかなか大変なことです。

でも相手にたいして親切な心をもって接することなら簡単なことですよね。

そうすることで、相手は嫌な気持ちにはなりませんし、親切を返したいとさえ思ってくれるのです。

好意の返報性の作用はビジネスだけではなく、くらしの中にもこの考えを取り入れていければ周りの人も自分も幸せになり、円滑な関係を築くことができますね。

ありがとう。その先にはさらにプラス1のありがとうがあります。

小さなギブは思いやりのこころだね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました